有機栽培・農法の安心にんにくの皮をむき、長期保存しやすい真空パックに詰めました。

トップ > にんにく豆知識 > 1-4.にんにくの歴史について

1-4.にんにくの歴史について

2017/07/14

カテゴリーにんにく豆知識

 

第四回目の「にんにく豆知識」はにんにくの効能ににまつわる話です。
古代から知られるにんにくですが、その効能も古くから知られていたようです。

【にんにくの効能の歴史】

にんにくの効果や効能は実に六千年前より知られており、

エジプトをはじめギリシャ、ローマ、インド、中国などの古代文明ではにんにくが食用・薬用として重宝されていたことが分かっています。
日本でも「古事記」に登場しています。

これらの時代には成分を分析する技術などありませんから、体感的にニンニクが体に良いということを実感していたのでしょう。
このことはにんにくの効能の本質を表しています。

にんにくと言えば「元気が出る食べ物」といったイメージがあると思いますが、にんにくの効果や効能はそれだけではありません。
にんにくの効果や効能は非常に幅広く、そのため様々な民間療法に利用されています。

 

Pocket

お問い合わせはこちら